モンテインランナートップ

モンテインというアウトドアブランドをご存じですか?
イギリス発祥のブランドで(正式名称はMONTANE)、ジャケット、パンツなどのウェア類を中心に、ザックや手袋などアウトドアの ”衣” をカバーしているブランドです。

ランニングというと日本のスポーツメーカーのジャケット/ウェアがメインになってきますが(NIKEとかアシックスとか、私もインナーは結構日本メーカーが多いです)、「もっといいものがないか試したい」とか、「ちょっと人と違うスタイルで走りたい」と思うことがあると思います。
私は両方の理由で(どちらかというと後者の比率が若干高めですが)、海外ブランドで着やすいランニングウェアを数多く試してきました。

そして一番のお気に入りがMONTANE、つまりモンテインなのです!

なぜ気に入ったのかというと・・

超軽量・超圧縮
もちろんウェアによりますが、モンテイン自体が軽量を心がけているブランドなので、全モデルが非常に軽量です。
モンテインフェザーライトスモックや、モンテインライトスピードジャケット、フェザーライトマラソンなど、名前から既に軽さが伝わってくるジャケットは、本当に軽いです。
登山用テントのフライ(テントの上に張るものです)の生地を思わせる薄さで、「これで服なのか?」 と初めての時は思いましたが、それでいて防水・防風・透湿、という機能性も備えているのがすごいです。
そしてジャケットが薄いので、畳むと超コンパクトになり、リンゴ1個分のスペースをとるかとらないかくらいまで小さくなりますので、「今日はついでに走ろうかどうしようか」と思っていても、”とりあえず”かばんに入れておいても気になりません。

高機能
機能の話が既に上に出てきましたが、ランニングで着るジャケットとしては最高性能だと思います。
まあランニングで多少の雨なら別にかまいませんが、やはり防水性能や透湿性能は走り心地に結構かかわります。
また、フェザーライトスモックはスモックなのにダブルジップになっていて、通気性のコントロールがしやすくなっている、など、細かいところに非常に気が配られています。
ライトスピードジャケットやフェザーライトマラソンジャケットなど、持ち運びがしやすくパッと着られて高機能なものは、海外のランナーの間で定番になっているようです。
いつか海外で走る機会があったら見てみたい!

デザイン性がものすごく高い
そしてデザインも肝心なポイントです。
海外ブランドのウェアやジャケットはどうしてもダブッとした作りになっているものが多いように思いますが、モンテインは体にフィットするカットを積極的に採用しているので、私たち日本人が着ても全く違和感がありません(ただしモデルによってはワンサイズ落としたほうがいいかもしれません:その場合でもワンサイズ落とすとジャストフィットのはずです)。
肩の切り返しや縫製にも工夫がされているので、腕の動きを邪魔することもありません。

安全性にも配慮
モンテインのロゴが結構格好いいのは当然として、ロゴが反射板として背中や腕にプリントされています。
モデルによってはロゴ以外にもちょうどいい場所に反射プリントがほどこされています。
なので夜間に走る時にも意識せずとも安全性を保ってくれます。
という感じでお気に入りの理由をいろいろと挙げてみました。

「ネガティブなポイントはないのか?」 というと、、、うーん、無いですね。
強いて言えば、ほしいアイテムはシーズンの始めに買わないと、かなり早く売り切れてしまう、という点でしょうか。
ま、あまり大量生産になってしまうと希少性が薄れますから、これはこれでいいのかなと思っています。
では私はこれからモンテインランナーとしてひとっ走り。
季節ごとのモンテインおすすめジャケットなど(私の愛用モデル)、メニューからご覧くださいね。

 

 

 モンテインの新商品、今年も登場!

 

そろそろランニングに肌寒さを感じる季節になってきました。

私はモンテイン ライトスピードジャケットなどを着用しつつ、ランニングや軽いアウトドアに出かけています。

じきに一気にさらに寒くなるようなので、そうなるとモンテインのスモックなどもレイヤリングして着ていくようになりますね!

 

選択肢としては夏のほうが少ないモンテインですが、ランニングが厳しくなってくる冬には逆にチョイスが増えてくるのがうれしいところです。

今年もモンテインは数多くの新ラインを出してきてますのでチェックをお忘れなく!

シュラフという大カテゴリも加わっているので、テント派の方はこちらも要チェックですよ!

-40度など、イギリスならではの低い気温にも対応するモデルもあるようで、さすがモンテインという感じです。

 

2014-2015年にかけては、モンテイン プリズム ジャケット、モンテイン セイバートゥースジャケット、モンテインフラックスにも新しいカラーが出てきています。

定番の高機能商品の数々に新カラーが出てきたのは注目です。

完全な新モデルとしては、モンテイン スピッとファイヤーワンや、モンテイン フェザーライトベスト、モンテイン ボルト アルピニスト 、モンテイン コノス ウルトラダウン、モンテイン アクション ネオ アルファなど、本当にたくさんのモデルが出てきています!

 

パンツにも新商品が出ていて、モンテイン スーパーテラパンツは、これまでモンテイン テラパンツやモンテイン テラパックパンツなど、ファンの多いテラシリーズの強化版となっています。

 

ちょっと数が多くてどれがどれやら、という感じの方もいらっしゃると思います。 そんなあなたは是非モンテインで解説を見てみてくださいね。 詳細写真はもちろん、問い合わせもできますよ!

 

次回はランナーとして、改めてモンテインを解説していきます!

 

 

 

春秋のランニングにおすすめのモンテインジャケット/スモック

季節ごとのランニング用おすすめ紹介コーナー、今回は “春・秋” です。

走ればまあ暖かくなるとはいえ、春秋はやはり羽織る上着が1枚欲しいですよね。 そんな場面で着るのは、モンテインでは”ウインドプルーフ” として紹介しているジャケットやスモックです。

ランナー的にメジャーなのは、やはり  “ライトスピードジャケット”、”フェザーライトマラソンジャケット”、”フェザーライトスモック” です。 ひとつずつみてみますね。

 

・モンテイン ライトスピードジャケット(MONTANE Lite-Speed Jacket)

モンテインランナーの中で最もメジャーなのが、モンテインライトスピードジャケットです。 基本的にはモンテインモデルの中では、「多用途マウンテンジャケット」 という位置づけなのですが、テント地並みの薄さ・軽さなのにしっかりとしたウインドプルーフ性能を備えていて、フードもついているので多少の雨でも対応できてしまうのが便利きわまりないアイテムです。 またカラーバリエーションも豊富で、値段もリーズナブルなので、気分によって違う色を着て走ってしまうなんてこともできます。

ジャケットカラーと同じカラーのバッグもついているので、持ち運びも格好よく(といってもものすごく小さく収納できるので、鞄に入れてしまえば他人には見えないですが)できます。

前ジップの裏にはフラップもついているため、ジップからのすきま風もしっかりシャットアウトしてくれる、ランニングのマストジャケットです。

 

montane lite-speed jacket モンテインライトスピードジャケット

montane lite-speed jacket モンテインライトスピードジャケット

 

 

 

・モンテイン フェザーライトマラソンジャケット MONTANE Featherlite Marathon Jacket

冬モデルとしてもご紹介したモンテインフェザーライトマラソンジャケットですが、季節的には、やはり春・夏に最も合うジャケットです。 マラソン用だけあって、モンテインのモデルの中でも特に防風・耐久・速乾性に優れています。

私は個人的に街で走る時に安全を確保するため目立つ色を着ています。 フェザーライトマラソンジャケットでいえばキウイの色がお気に入りです。 目立つ点においても間違いありません!

FeatherLiteMarathon jacket Kiwi モンテインフェザーライトマラソンジャケット

FeatherLiteMarathon jacket Kiwi モンテインフェザーライトマラソンジャケット

 

 

・モンテイン フェザーライトスモック MONTANE Featherlite Smock

このスモックで特徴的なのは、スモックなのにジップがダブルジップになっていることです。 ですので襟を開けて走るにはちょっと寒いが、ボディを少し涼しくしたいというときに、ジップを下から少し上げておく、という、なかなか他のメーカーのモデルではできないことができます。

このモデルの歴史は古く、かれこれ20年以上、世界中でテストされてきた信頼性の高いモデルです。 とはいえモデルチェンジで最新版になっているため、デザインもグッド。 シンプル・イズ・ベストを体現した、モンテインのランナー向けおすすめアイテムです。

 

モンテインで準備完了したら、後は走り出すだけですね!

 

 

冬のランニングにおすすめのジャケット

季節ごとのランニング用おすすめを紹介するコーナー、今回は”冬” です。 いきなり本題に入って、おすすめを3つご紹介します。

 

モンテイン ファイアーボールスモック(MONTANE Fireball Smock)

さすがに1月2月など、一番寒い時期はいくら走るとはいえ少し厚手のウェアを着たいもの。 そこでアウターにおすすめしたいのがモンテインファイアーボールスモックです。 まずは写真をみると、こんな感じです。

Montane FireballSmockBlue
montane fireball smock モンテインファイアーボールスモック

 

このスモックは、見た目以上に暖かいです。 プリマロフトという暖かい中綿が使用されていて保温性が高いことに加えて、表地もしっかりした防風性能を備えています。 ちなみにプリマロフトを利用したウェアでは、モンテインだけでなく世界で最軽量(265グラム!)の軽さなので、どこにでも持って行くことができます。 袖口や裾は絶妙なゴム調整が施されているので、すきま風に苦しむこともありません。 元々トレイルランニングも用途として想定されているので、そのままランニングにも大いに使えるのがこのスモックです。

 

モンテイン クリプトンジャケット (MONTANE Krypton Jacket)

シングルレイヤージャケットの決定版! とモンテインが自ら評価するモデルです。 これもランニングそのものが想定用途になっているので、激しい動きにもきっちりついてきてくれます。 透湿性、防風性能にも優れていて、フードもついているので、寒くて耳が痛いときやちょっとした雨など、フードをさっとかぶれば対応できます。 大きなポケットもついているので収納性の面でもおすすめです。 下はレッドですが、ブラックとモロッカンブルーもあります。

Montane KryptonJacketRedL1
montane krypton jacket モンテインクリプトンジャケット

クリプトンジャケットはモンテインの中でもどちらかというとマイナー目なジャケットに入りますが、ランニングからトレッキングからタウンユースまで幅広く使えるので、非常に使いでのあるジャケットです。 マルチユースで使いたい方におすすめです。

 

モンテイン フェザーライトマラソンジャケット

名前が示すとおり、モンテインのラインアップの中でも特にマラソン向けに作られたジャケットですので、ランナーにぴったりです。 高耐久性、高い防風性能、高い速乾性と、ランニングに欲しい機能性を備えています。 アーバンランニング(街ラン:皇居ランとか)も想定されていて、腕の裏側には夜間に目立つような格好いい反射プリントが施されています。 それからこのジャケットは収納性が高いこともウリで、たたむとりんごかそれ以下くらいのサイズになるので、持って行くかどうか迷うことがなくなります。

FeatherLiteMarathon jacket Kiwi モンテインフェザーライトマラソンジャケット
FeatherLiteMarathon jacket Kiwi モンテインフェザーライトマラソンジャケット

 

3つ冬のランニングにおすすめのモンテインジャケットを紹介しましたが、いかがでしたか? 結構MONTANEは商品ラインが豊富なので、選ぶのに迷った方は是非上の3つから試してみて下さい。

Comments are closed.